posを導入するにあたって知っておきたいこと

ロゴ

pos使用企業は増えている

今は飲食店や小売店もPOSレジを使用しているところがほとんどです。従来から使っていたレジとの違いはどこにあるのでしょう?このページではposとレジの違いや、タブレットposについを紹介しています。

タブレットposについて

セキュリティについて

レジとは違って膨大な情報がpos入ることになるので、セキュリティの心配ですよね。一般的には設計の段階で端末そのものに顧客情報を保存しないことで、情報流出のリスクを防いでいます。また、SSL通信の暗号化でデータを盗まれることを予防しています。

色々な盗難対策

posが持ち運びに便利なタブレットになったことによって、盗難の心配も出てくると思います。そのために、営業終了後は鍵付きの金庫に保管するなどの対策が必要です。営業中は、鍵付きワイヤーで盗難防止することを推奨します。

リスクに備える

タブレットは持ち運びしやすくなった代わりに落とすリスクも出てきて、破損の心配がでてきます。破損のリスクを減らすために、タブレット全体を衝撃から守るタブレット用カバーをすることが大事です。

私的使用を防ぐ

タブレットを使用することによって、pos機能の他に私的使用をする可能性が心配されます。そういった点を防止するためにも、専用のソフトウェアで起動制限などの利用を推奨します。

アップデートについて

タブレットは定期的に端末から、アップデートを求められることがあります。使用する端末によってそれぞれですが、アップデートすることによって不具合が起こる可能性もあります。そのため慎重に行うことが大切です。

posの知識

店員

posとは?

最近、小売業や飲食店業界などで「pos」という言葉をよく聞くようになったと思います。posとは、販売時の情報を管理するものです。販売した商品や価格、顧客情報を管理することも出来るシステムです。

昔からあるレジ

正式名称はキャッシュレジスターと言います。レジは多くの人が知っているように、金銭の管理をするものです。売り上げ計算や、売り上げ金額の記憶することを目的にしています。

業務の効率化が上がる

ここではレジ機能を搭載したPOSレジについて紹介します。POSレジでは売れた商品の詳細がデータ化されるので、人気商品や売れ行きの変動などを知ることが出来ます。POSレジは自動スキャンなので会計作業などの効率化に最適だといえます。

マーケティング効果を期待できる

POSレジはレジとは違って、データの在庫管理や分析などが出来ます。売り上げが少なかった時の時間帯などを調べて分析することが出来るので、売り上げアップに繋がる対策をとることが出来ます。

広告募集中